一軒家

ベランダに鳩を寄せ付けない対策|巣を作ってしまう前の対処法

やってもらう方が良い

ねずみ捕りや駆除剤などを使えば複数匹のねずみは追い払えます。ですが、繁殖力の高いネズミは放っておくと沢山住み着く可能性もあります。家屋を荒らして収拾がつかない場合は業者にねずみ駆除をしてもらいましょう。

蜂除けに吊るす殺虫剤利用

飛来してくる蜂には、吊るすタイプの殺虫剤とハエトリ紙で対処しましょう。これを蜂の巣を作られそうな場所に設置すれば、蜂除けの効果を破棄してくれます。また時として蜂の巣の場所がわからなかったり、退治しにくい場所に作っているケースもあります。そんな場合にも、この忌避剤と捕獲機が大活躍してくれるはずです。

バリア工法とベイト工法

薬剤を塗布するというバリア工法によるシロアリ駆除は、侵入経路や発生場所が明らかになっている場合におこなわれます。穴があけられていた場合は、修理もあわせておこなわれます。一方ベイト工法は、場所を特定できない場合に有効となります。毒入りの餌でシロアリをおびき寄せることで、侵入を防止するのです。

はとの巣作りの被害

鳩

住まいへのはとの営巣

マンションなどのベランダの空間は、洗濯物などを乾かすという目的だけでなく、景観を楽しんだりさまざまな利用をしているはずです。ところが部屋の中からベランダを覗くと、最近頻繁に鳩がやって来てしかも長時間留まりだすということがあります。当初はあまり気にならなかったとしても、以前はなかったはずの小枝などが多数落ちていたりして掃除をしなければならないなど煩わしいことも出てきます。それだけでなくしばらく放置をしていると、安全な場所と思われてしまい、いよいよ巣作りまでされてしまいます。鳩はたとえ外見がかわいくとも、糞や抜け落ちた羽根の問題もありますから、衛生状態がよくありません。そこでベランダにやって来る鳩に対する対策の必要性があります。

はとの害獣駆除

鳩はたとえかわいくとも、人間の暮らしにとっては衛生的に馴染まない害獣です。そこで駆除業者に対策をしてもらいましょう。特にベランダにはエアコンの室外機など配線があることが多いので、その付近で巣を作られると火災のリスクもあります。鳩の被害を見つけたなら、それ以上深刻にならないように速やかに対策をしましょう。鳩は一度その場所を気に入ると何度もやって来る傾向にあります。そこでその場所が安全ではなく不快で落ち着かない環境だということを伝える必要があります。ベランダに巣を作りやすい余計なものを置かないことが基本となりますが、それに加えて鳩が好まない、それでいて人間には無害な薬剤を塗布しておくことで鳩の害への対策ができるようになります。